城崎温泉でカニずくし、今なら、かに本舗でカニずくし

20代の頃、女三人で城崎温泉へ温泉とカニを楽しもう!と旅行へ行きました。
私たち三人はカニが大好物。雪深い城崎温泉の外湯めぐりをした後はお待ちかねのカニ尽くしの夕食。
まずはじめに出てきたのは、透明感抜群のぷりっぷりのカニ刺しです。初めて見る刺身に早くも3人は大興奮。
カニの種類は大きく分けてタラバ、ズワイ 毛ガニの三種類です。
城崎温泉では「松葉ガニ」と言ってズワイガニのブランド品です。
スーパーでもズワイガニは売っていますがどちらかと言えば小ぶりで大きさと食べごたえでいうとタラバの方が勝っています。ただ、タラバは大きい分味が淡白なのですが、城崎の松葉ガニは大きさはタラバ級なのに、味が濃厚で刺身は口に入れた途端何とも言えないカニの甘味が口いっぱいに広がり、口の中でカニの味がまとわりつくような、今まで味わったことのない美味しさでした。
活きカニ刺しにすっかり心奪われた三人が次に度肝を抜かれたのが焼きガニでした。カニを焼くなんて知らない若者が、初めて焼きガニを食べた衝撃たるや!
刺身が一番甘くておいしいと話していたのが一転、香ばしいカニの香りと、カニのうまみがギュッと詰まった足の身。極めつけは甲羅のミソ焼き甲羅に少し日本酒を入れて溶いて食べたのですが、焼きガニ全て絶品としか言いようがなかったです。
お部屋には、一人の同年代くらいの仲居さんがずっとついて、お料理の世話をしてくれていて「こんなに、喜んでくれるお客さんさんが来てくれると嬉しい」と終始ニコニコしてくれていました。そんな優しい仲居さんと楽しく会話しながら、定番のカニ鋤鍋を食べていると、仲居さんが言いにくそうに「彼女、カニついてるよ・・・」と友達の顔を見ました。私たちは顔にカニがついていることにも気づかず必死に食べていたようです。
恥ずかしい!と真っ赤になった友達を見ながらみんなで大笑い!
〆の、カニ雑炊までしっかり胆嚢して、もうカニは見たくない!というくらい食べくつくしました。
今は、遠征して蟹三昧というわけにはいかないので、かに本舗で蟹三昧して楽しみたいと思います!

歯の表面を覆うエナメル質の下の象牙質の色が黄ばみを見せる

皆さんご存知の、あなたの歯の表面を覆う硬質なエナメル質の下のゾーンより、口腔内酸性の度合いが下がってしまいPH(ペーハー)の数値が5.5~5.7より小さい数になると、歯を構築するカルシウムやリンが融かしてしまいます。手間暇が必要な歯肉炎が発生すると、日頃の歯磨きの時、林檎などをかじりついたとき、歯グキから血が出たり、歯茎がなんだか痛こそばゆいといった有様が生じます。エナメル質の下には象牙質があり、その色が透けて見えやすくなってしまうと、歯の黄ばみとして認識されます。また、歯にはステインが付いて、汚れて見えたようになります。その対策としては、ホワイトニング歯磨き粉が有効と言われています。研磨剤を使用しないタイプのホワイトニング歯磨き粉がお勧めです。

よく知られている通り口腔内の唾は、いかにも酸味の強そうな物や、食欲をそそるものを眺めたりすると現れるのですが、じつはむし歯や歯茎の歯周病を阻止するのに作用しているのが唾なのです。カリソルブという医薬品は、簡単に言うと「現代科学の技術によって虫歯の患部のみを集中して溶かすお薬」です。それを用いても、問題のない歯の所には何も害のない安心して使える薬です。審美歯科の治療現場において、平凡なセラミックの力を借りる状態になっているときは、歯冠存続歯の付け替え等が利用法としてありますけれど、詰め物にも当たり前のセラミックを応用することができるだと言われています。気を付けてほしいのは、あまり知られていませんが、虫歯は、虫歯の細菌が歯をとかし出す進行具合に、歯を再び石灰化する反応(とかされている歯を元の状態に戻す物理現象)のテンポが落ちてくると発生します。

みんなが知っている無針注射器のシリジェットと痛んでの少ないそれぞれのレーザー治療器を両方使用して治癒させる事で、ムシ歯も口内炎も、気持ち悪い痛みをほとんどのケースでは与えることなく治療をおこなうことができるようです。歯列矯正の治療をすることで格好に対する自信がなく、悶々としている人も明るさとプライドを手中にすることが可能となりますので、肉体的にも精神的にも清々しさを得られます。口内炎が出現する素因は、ビタミンが足りない状況がそれらの一部ですが、各種ビタミンは飲みやすい健康補助食品や、ドラッグストアでも買うことができる医薬品の飲薬なんていうようにして数多くあって販売されています。ほんのちょっと前から歯周病になる誘因を元から断つ事や、引き金になる菌に感染した所を汚れを落とすことによって、それに加えて組織が蘇らせることのできる歯科科学技術が探り当てられました。しんどいプラークが取っておかない内に、四六時中歯石ケアをするのが、ものすごく肝心なポイントです。歯垢の溜まりやすい所は、しっかり歯磨きすることがなおのこと大事になってきます。

入歯という人為的なものに対して想像される負の心情や不均衡な考えは、オリジナルの歯牙との使った感じを対比させるがために、広げてしまわれるのだと考えられます。歯科衛生士が在宅での医療において必須になっているのは、まず始めに口内をクリーンな状態にすることです。患者さんの口の中が汚い状態だと、雑菌が増殖したカスそのものを飲み下すかもしれません。人間本来の歯の噛み合わせは、しっかり咀嚼する事により歯が摩耗し、十人十色の顎や顎骨の作りによく合った、全世界でたった一つの歯並びがやっと完結するのです。目下のところ、ムシ歯の悩みがある人、ないし以前ムシ歯があった人、実に日本人の9割もの人がこのレベルの虫歯が引き起こされる菌を、確かに含有しているのだと記されています。

職場の同期と新しいお店でランチ

職場の同期・・・と行っても入社タイミングだけで、研修を終えたら別々の部署へ配属。
何人かいた同期も気づいたら片手に収まるくらいになっていた。
メールアドレスの交換は最初にしていたので、一人の子子から召集がかかり、地元に初出店した有名洋食店でランチをすることになった。

近くのお店を見て回るつもりで一時間前に集合。
洋食店の場所を確認したら、え、もう並び始めてる?!
少しだけ他のお店をみて開店30分前に戻るともうそれなりの行列が。
平日なのに、そんなことある?と、急いで行列に加わった。
オープンしてから1週目のお客さんとして入れてスムーズに注文。
女子ばかりで「こんなに並ぶなんてね」とわいわいしながら職場の話で盛り上がった。
といっても口に寄った話が中心になってしまうのはなぜだろう・・・楽しくしたいと思いつつやっぱり「あれば微妙だ」「あのやりかたはおかしい」なんて話ばかり。
恋バナする時期もひと段落した年齢、仕事や周りのことばかりが気になり始めている。

食事はとっても美味しくて、普段よりもちょっとおなかいっぱいになる量。
でもデザートは別腹ということで2件目のカフェはどうするなんて話をしながらセットのドリンクを飲んでいた。

ふと気づいたけど、このメンバー、みんな髪が長い。
結べない長さの子はいない。
思わず声にしたら、あれ!本当だとひと盛り上がりした。
自分は週末に美容院でバッサリいこうと思っていると話したら、おきまりの失恋かなんて冗談を飛ばされて、綺麗な女は髪を切るんだとか当たり障りのない言葉が別の方向から飛んでくる。
こうやって話していると、学生時代から、女子で集まると繰り広げられる会話の様相なんてそんなに変わらないなあ、と思う。
はっきりいって、無意味。
でも、そんな時間が欲しい時がある。
だんだんうまくいろんなことをブレーキかけたり隠したりできるようになって、本気の本音トークなんてない。
本当に聞きたいことは聞けないし、聞かれたくない。

きっと50代になっても同じだろうな。