モバイルwifi契約時に関する注意

モバイルwifiサービスを契約する際に注意するべき点は料金、速度制限、の他にはレンタルされる機器が最新のモデルであるかどうかと言うことがあります。料金については価格比較サイト等で詳細を調べることができますし、注意するべき点はホームページに記載されている違約金についての紹介くらいでしょう。
速度制限についてもホームページや比較サイト等で調べることもできますし、もし速度を制限されても一時的な速度制限が多いです。
問題は最後のモバイルwifiサービス加入時にレンタルされるwifi機器になります。wifi機器の情報はあまり比較サイトなどに詳細が乗っていないことが多くホームページで紹介されているリース機器を見るしかありません。そのリースされる機器についても最新の物であるかどうかは一つ一つ調べていかないとまず分からないでしょう。値段が安いwifiサービスに加入したはいいが、レンタルできるwifi機器が旧式だとバッテリーの持ちも違いますし、速度も遅い物が多いのです。こういった情報は事前に自分で調べておいてお店に行きその機器があるかどうかを調べる必要があります。面倒なことだと思いますが、旧式のwifi機器と新型とでは充電時間の早さも違いますし、速度も物によっては倍以上変わってきます。お店でリースする際にも新型が貸し出されている場合ですと旧式を渡されることもあります。そういった場合もありますのである程度のwifi機器の知識を頭に入れた上で機器をリースすると良いでしょう。特に旧型に多い問題は電波障害が多いことです。鉄塔や電磁波が強いところだと旧式タイプのwifi機器では通信が阻害されてしまい、速度が出なかったり、電波が繋がらなかったりします。また、最新の物は電池の消耗を抑えることができ電池のもちが長いですが旧式の場合ですと電池の容量が少ないため、稼働時間にも差が出てしまいます。旧式にも一応省エネモードは搭載されているかと思いますがそれでも新型と比べると見劣りします。こういった情報は向こうの係員の方は教えてくれませんし詳しい方もいない場合が多いので、ある程度時分で調べてからモバイルwifiサービスを利用しましょう。

WiMAX2+の引っ越しの際の注意点 >>> 契約中WiMAX2+が引越し先で繋がらない悲劇...そんなピンチの解決法!